ブルーベリーハウス気仙沼に行ってきました! - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 気仙沼 » ブルーベリーハウス気仙沼に行ってきました!

ブルーベリーハウス気仙沼に行ってきました!

日々パソコンとにらめっこのデスクワークをしている皆さん、目がお疲れではありませんか?
(私を含め)そんな方にぴったりな観光農園「ブルーベリーハウス気仙沼」に行って来ました!

地元農家の熊谷さんが建設した、東北でも珍しいブルーベリー狩りが楽しめるこちらの農園は、先月16日にオープンしました。
東日本大震災をきっかけに、今後は消費者と触れ合える農業を目指したいとの思いから、ブルーベリーの観光農園を開くことを決意されたそうです。

気仙沼ブルーベリー06
3年前に植えたブルーベリーの木が大きなハウスの中にたくさん並んでいます。

農園のブルーベリーハウスの中には300個ほどのポットが置いてあり、22種類もの品種が栽培されています。

気仙沼ブルーベリー01
開業前には地元の保育園のこどもたちが招待されたそうですよ^^



さあ、早速食いしん坊Nの食リポ開始です

気仙沼ブルーベリー08

この写真のように、紫色が濃くなって、実がついている茎の部分が赤くなっていると食べごろのようです^^

スーパーなどで見かけるものより粒が大きい~
早速摘み取って、ひとつぶほおばると。。。

あまくておいし~~~い

22種類もあるので、酸味がきいていたり、上品な香りがしたり、大きい粒、ちっちゃい粒、いろんな味と香りが楽しめます!
ブルーベリー狩りが初めてだった私は、美味しいし、楽しいしで、途中から何粒食べたかわからなくなりました^^;





ブルーベリー狩りを楽しめるのは6月から9月上旬頃までですが、実がなくなり次第終了とのこと。
私のような食いしん坊に全部食べつくされて無くなってるのでは~~??とお思いの皆様、ご安心下さい。

気仙沼ブルーベリー07

まだこんなにたくさん実っていますよ。
これからが食べごろの実もたくさんありますね^^(8/4時点)



ハウスの隣には、120年前に建てられた蔵をリノベーションした素敵なカフェ「CAFE 蔵ssic(くらしっく)」があります。

気仙沼ブルーベリー03

気仙沼ブルーベリー02

蔵で使っていた梁や樽を利用したインテリアと、優雅に流れるクラシック音楽。
ハウスの中は暑いので、ブルーベリー狩りの途中で涼しいカフェでひと休みできるのはとっても嬉しいですね

気仙沼ブルーベリー09

店内では、農園で栽培しているブルーベリーを使ったドリンクやスウィーツが楽しめます。
カフェのみの利用もOKとのことで、ご近所の方々が集まる場所にもなっているそうです。
私が訪れた日も、店内は地元のこどもたちの賑やかな笑い声に包まれていましたよ~


ご自身もワンちゃんを飼っている熊谷さんはとっても犬好きで、今後ドックランも造る予定のこと。
カフェのメニューも色々構想を練っているとのことで、今後のブルーベリーハウスがとっても楽しみ

優しくて気さくなオーナーさんやスタッフの方々の温かい雰囲気に、目だけでなく心も癒された1日でした




ブルーベリーハウス気仙沼
住所 : 宮城県気仙沼市九条504
料金、定休日など詳しい情報はこちらから→ブルーベリーハウス気仙沼ホームページ
※ハウス内は暑くなっておりますので、熱中症対策は充分にお願いします!


(食いしん坊N)

関連記事
コメント
非公開コメント