石巻から新しい発信の形 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 石巻 » 石巻から新しい発信の形

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻から新しい発信の形

石巻の震災伝承スペース「 つなぐ館 」が移転リニューアル

地域づくり団体「みらいサポート石巻」の震災伝承スペース「つなぐ館」が、移転リニューアルオープンしました。
新しい施設は北上川近くの中央商店街にあり、コンテナを利用した以前の施設に比べて2倍の広さに。石ノ森萬画館で津波の被害に遭ったご当地ヒーロー「シージェッター海斗」像や、避難場所を表示した市街地の模型、津波が押し寄せる直前の市民の動きを表示するジオラマアプリなどを展示に加えました。これからは震災の記憶を後世へとつなぐ情報拠点としての役割に加え、防災・減災への取り組みや、安心・安全なまちづくりを目的とした情報も発信します。

つなぐ館blog1

つなぐ館blog2

つなぐ館blog3


復興状況や産業の歴史を紹介する「 情報交流館 」

「つなぐ館」のすぐ近くには、市が整備した「復興まちづくり情報交流館・中央館」があります。

石巻市復興まちづくり情報交流館「中央館」blog1

ここでは震災からの復興状況や将来像、震災で得た知識や教訓を発信し、市民どうしの意見交換や来訪者との交流の場をつくり出します。震災前の暮らしや産業、復旧作業などの詳細なデータを通して、かつての賑わいを取り戻すため一丸となって歩む石巻の姿を見ることができます。

石巻市復興まちづくり情報交流館「中央館」blog2

石巻市復興まちづくり情報交流館「中央館」blog3


新しくスタートした商業施設「 橋通り common 」

最後に紹介するのは、情報交流館に隣接する仮設商業施設「橋通り common (はしどおりコモン)」です。

橋通りコモン blog1

今までの復興商店街のように被災した地元店が営業を再開する場ではなく、新しくスタートする石巻で将来出店を目指す人材をサポートする施設です。開設したのは、石ノ森萬画館の指定管理者「株式会社 街づくりまんぼう」。昨年11月まで営業していた「石巻まちなか復興マルシェ」で使われていたコンテナやトレーラーハウスを店舗に再利用し、賃料を安く設定して広く参入を呼びかけています。
入居の条件は「石巻で商売を続ける気があること」。現在は6店舗が営業を始めており、最終的に10店舗以上の商店を集める予定とのこと。なかには県外から移住してきた店主さんもいて、石巻に新しい風を運んでいます。


震災の伝承、復興状況の発信、賑わいの創出など、それぞれ違った立場ではあっても、石巻の商業発展の元になった北上川のほとりに集まり、手を取り合ってこれからのまちづくりに貢献するみなさんを、ぜひ応援しましょう。

★みらいサポート石巻  ☞http://ishinomaki-support.com/
★石巻市復興まちづくり情報交流館「中央館」 ☞ https://www.city.ishinomaki.lg.jp/cont/10151000/9200/20150302212702.html
★橋通りcommon Facebook ☞ https://www.facebook.com/hashidori.common

(お)

関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。