多賀城市東日本大震災モニュメント - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 多賀城 » 多賀城市東日本大震災モニュメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多賀城市東日本大震災モニュメント

今年3月、JR仙石線の多賀城駅前に、多賀城市東日本大震災モニュメントが完成しました。

多賀城市東日本大震災モニュメント

震災で犠牲となられた方々への追悼の思いと、震災の教訓を後世まで伝承していく願いを込め、多賀城市が整備したものです。
モニュメントは重なり合う2つのアーチと、円筒形の中央の柱で構成されています。


震災時多賀城市は、「都市型津波」の被害を受け、市域3分の1が浸水しました。
港からの津波と川を遡上した津波が3方向から押し寄せ、
工場や高層住宅、オフィスビルなど高密度な市街地に遮られて行き場を狭められた為に、
波の高さが増したり、速度が速くなったり、細道を抜け合流したりしました。
その為、海とは別の方向から津波が来るなど複雑な津波被害に遭ってしまったのです。

モニュメント中央の柱は、市内を襲った津波最大浸水高と同じ4.6メートルになっています。
柱の格子部分は、国の重要文化財「多賀城碑」が納められている「多賀城碑覆屋(おおいや)」をイメージして作られており、188個の四角い石は、多賀城市内で亡くなられた方々と同じ数となっています。

2つのアーチは、中央の柱の上で重なり合うように設置されました。
時を越え、世代を越えて、
東日本大震災の記憶が伝承されていく願いが表現されています。



多賀城市東日本大震災モニュメント
住所:多賀城市中央三丁目地内 多賀城駅前公園
※献花台が御座いませんので、お花やお供え物はお持ち帰り頂く様にお願い致します。


多賀城市では震災の記録を映像や写真、体験談などにより次世代へ伝承していく「震災経験・記録伝承事業」を開始し、ホームページ上で公開しています。
詳しくは下記をご覧下さい。

史都 多賀城 防災・減災アーカイブス 「たがじょう見聞憶」
http://tagajo.irides.tohoku.ac.jp/index

(N)
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。