鎮魂と復興の鯉のぼり - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 全般 » 鎮魂と復興の鯉のぼり

鎮魂と復興の鯉のぼり

zai blog

白石市の材木岩公園を流れる白石川に、震災復興を願って全国から贈られた800匹の鯉のぼりが掲げられています。
鯉のぼりは大きさも色も様々。青空と新緑、天然記念物の材木岩を背景に、上流から吹いてくる春の風を吸い込んで気持ちよさそうに泳いでいます。
10年前、地元の方々が「春の風物詩にしよう」と飾り始めた頃は120匹ほどでしたが、震災後に被災地を勇気づけるため要らなくなった鯉のぼりの寄付を呼びかけたところ、一気に数が増えたそうです。
この景色は5月6日(水)の午前中まで楽しめます。

青い鯉のぼりblog

こちらは東松島市の大曲地区で毎年開催されている「青い鯉のぼりプロジェクト」。
震災で亡くなった子どもたちが天国で寂しい思いをしないよう、5月5日(火)15時までたくさんの青い子鯉を掲げます。
「こどもの日」には和太鼓の舞台や屋台販売のイベントを開き、被災地からすべての子どもたちへ元気を発信します。
プロジェクトに賛同した全国各地のグループも各々の取り組みを始めているそうで、フェイスブックにはたくさんの写真が寄せられています。
★青い鯉のぼりプロジェクトFacebook☞ https://ja-jp.facebook.com/aoikoinobori

同じ空の下、鎮魂と復興への願いがこめられた鯉たちは、たくさんの人を結びつけ、思いを天へと届けます。

(お)

関連記事
コメント
非公開コメント