仙台市 津波避難タワー - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 仙台 » 仙台市 津波避難タワー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台市 津波避難タワー

仙台市宮城野区中野に市が建設を進めていた「津波避難タワー」が、2月14日に完成しました。
市は沿岸部に計13箇所の避難設備を整備する予定で、今回完成したタワーはその1箇所目となる施設です。

津波避難タワー01縮小

海から約2キロの場所に建設され、市が設定した地震発生から津波到達までの時間内に、タワーから半径約900mの住民が徒歩で避難できると想定されています。


津波避難タワー02縮小

タワーは鉄骨製で高さ9.9m。
ベビーカーや車椅子の方も安心して避難できるようにスロープを設置。

高さ6.6mの2階部分には、約100平方メートルの避難スペースがあり、防寒や防風対策として外壁で囲われています。
内部はカーテンで仕切ることができ、避難した方々のプライバシーにも配慮されたつくりとなっています。

屋上スペースと2階部分をあわせて、約300人の避難が可能。
毛布、ストーブ、非常食、水なども備えられています。
屋上には太陽光発電を利用した照明を設置し、停電時の夜間でも安全に避難ができるようになっています。


市は2016年度までに、消防団施設併設のビル型施設や学校の外階段等の避難設備を順次整備していく予定。
今後は、津波避難タワーを利用した避難訓練にも力を入れていくとのことです。





(ほや丸&N)

関連記事
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-12-21 12:00 │ from URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。