美味しく食べて復興の手助けに~かき小屋仙台港~ - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 仙台 » 美味しく食べて復興の手助けに~かき小屋仙台港~

美味しく食べて復興の手助けに~かき小屋仙台港~

宮城県沿岸には、塩竃や松島湾、さらに石巻から気仙沼と、
港を肌で感じる風と、潮の香りを楽しめる地域が点在します。

その多くが東日本大震災の大津波で被災しましたが、
少しずつ復興が進んでいることを実感できるようになってきました。

沿岸部漁港の風物詩ともいえる“浜焼き”のお店も、
営業再開や新規出店など、徐々に活気が戻りつつあります。


今回は、数ある“浜焼き”のひとつ「炭火焼き牡蠣」を味わえるお店をご紹介します。

国際貿易拠点港湾である仙台港から2kmほど内陸に入った所にある『かき小屋仙台港』です。

 0001_convert_20141226154502.jpg

 

お店に近づくにつれ、漁港を思わせるような香りが周囲を漂い...

 0002_convert_20141226154535.jpg

テントを潜り店内に入ると、炭火があちらこちらで「パンッ」と弾けるなど、独特の雰囲気で...

 0003_convert_20141226154559.jpg
▲画像には一部修正を施してあります。

炭火網焼きのテーブルを囲み、軍手を装着し牡蠣剥き専用ナイフで殻を外すと...

 0004_convert_20141226154622.jpg

プリップリの身が表れ...

 0005_convert_20141226154650.jpg

備え付けの「牡蠣専用醤油」か「特製ポン酢」をたらし...

 0006_convert_20141226154711.jpg  00071_convert_20141226160821.jpg

「フーッフーッ」しながらいただきます




 0008_convert_20141226154800.jpg
▲かき小屋仙台港店長 木村壮さん

木村店長
「かき小屋仙台港で扱っている牡蠣は、震災で被災された牡鹿半島の漁師さん達が心を込めて育てた牡蠣なんです。復興の手助けにもなりますから、小さい牡蠣も残さず召し上がっていただきたいですね。」

 0009_convert_20141226154818.jpg

 0010_convert_20141226154839.jpg
▲画像には一部修正を施してあります。

※かき詰め放題や、食べ放題プランなども実施していますので、下記HPよりご確認ください。

かき小屋仙台港
【住所】宮城県仙台市宮城野区蒲生字耳取189
【電話】080-3196-5642
【HP】http://kakigoya.jp/index.html


(TOM)

関連記事
コメント
非公開コメント