ハスの花が、そろそろ見ごろです~大衡村の「昭和 万葉の森」。 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 県内その他地域 » ハスの花が、そろそろ見ごろです~大衡村の「昭和 万葉の森」。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハスの花が、そろそろ見ごろです~大衡村の「昭和 万葉の森」。

s-_DSC9101.jpg

大衡村にある「昭和万葉の森」は、平成元年に開園した森林公園です。
総面積は23ヘクタールで、園内には昭和30年の植樹祭で、
昭和天皇がお手植えになったアカマツの松林を中心に、
万葉集で詠まれた520種の植物が植栽された森林公園です。
公園内には11本の遊歩道が設けられており、
その沿道のあちこちに48基の万葉歌碑があります。

四季折々の花々を楽しめるのが、この公園の特徴で、
仙台市から近いこともあって、週末は家族連れで賑わっています。

s-_DSC9160.jpg   s-_DSC9115.jpg

今の時期から8月上旬にかけては「ハスの花」が見ごろ。
「ハスの花」といえば、宮城県内では栗原市にある長沼というところが有名ですが、
ここ「昭和万葉の森」は、広さは長沼には及ばないものの、
「縄文時代のハスの子孫」といわれる「大賀ハス」が栽培されています。

s-_DSC9074.jpg

もうひとつ、この森で今が見ごろなのが「ヤマユリ」。
遊歩道沿いのあちこちで見ることができ、
ヤマユリ独特の香りが森全体を包み込んでいます。

s-_DSC9181.jpg

そんな夏の花々の香りや色に集まってくる
様々な昆虫たちの観察もできます。

s-_DSC9064.jpg

この森に隣接する「万葉クリエートパーク」には、
県内一長いローラー滑り台やアスレチック遊具などが設けられた
「わんぱくランド」や「パークゴルフ場」などもありますし、
森の中には美術館やレストランもありますから、
家族や友達とまったりと1日を過ごすには、もってこいの場所ですよ。


■昭和 万葉の森

s-DSC_9167.jpg


この施設の詳細についてはコチラをクリックしてください。




関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。