『 わらってみせ 』 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 名取 »  『 わらってみせ 』

『 わらってみせ 』

名取市植松の住宅街にある笑福大判焼 わらってみせ

公務員だった斎藤新治さんが、長年抱いていた夢をかなえ、ことし4月に奥さんの栄子さんと一緒に始めたお店です。

DSCF3463.jpg
見るだけで元気が出そうな赤色のお店

かわいい笑顔の焼き印がついた大判焼をはじめ、おはぎやせんべい、わらびもち、かき氷を販売しています。

s-DSCF3447.jpg

大判焼は、あずき・クリーム・りんごクリーム・ビターチョコなど7種類。
4種類食べてみたら、どれも濃厚な味わいでとっても美味しい♪

店内には、声や音に反応して踊るネコや、笑い転げまわるネコ、おかめとひょっとこのこけしなど、来る人を笑わせてくれるグッズがたくさん並んでいます。


それもそのはず、奥さんの栄子さんは、インド発祥の「ラフターヨガ」の日本認定ティーチャー。新治さんも認定リーダーの資格を持っているんです。

DSCF3450.jpg
いつも笑顔の斎藤新治さん

ラフターヨガとは、別名「笑いヨガ」と呼ばれ、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたエクササイズ。
笑いは多くの酸素を自然に体に取り入れ、心身ともにすっきりして元気になれます。だれでも楽しみながら自分のペースでできる、準備も道具もいらない、ただ笑うだけの画期的なエクササイズです。


お店を開くきっかけになったのは、東日本大震災でした。
たくさんの人が心を痛める姿を目にしたお二人は、復興にラフターヨガの経験を役立て、地域の人々を元気にする拠点を作ろうと開業を決意したそうです。

DSCF3492.jpg

s-DSCF3460.jpg

放課後、お小遣いを握りしめてお店に来る子どもたちを、笑顔で迎える新治さん。
ラフターヨガの出前講座で、県内の老人クラブや仮設住宅に出向く栄子さん。
多忙を極めるお二人の気持ちは、ただひとつ。

『笑って明るく元気なまちづくりと、健康的な人作りを目標に頑張ります』


私たちも会話とラフターヨガのプチ体験で、とっても元気が出ました。
お腹の底から笑うって、こういうことなんだな〜♪

みなさんもぜひ行ってみて、食べてみて、笑ってみてくださいね。

DSCF3455.jpg


『 笑福大判焼 わらってみせ 』
名取市植松3-5-24
営業時間 10:00~18:00
水曜定休

(お&N)


関連記事
コメント
非公開コメント