鹽竈神社の鹽竈ザクラ - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 塩竈 » 鹽竈神社の鹽竈ザクラ

鹽竈神社の鹽竈ザクラ

国の天然記念物「鹽竈(しおがま)神社の鹽竈ザクラ」が、見ごろを迎えています。

塩釜桜0ブログ

枝に手鞠(てまり)がついたような、繊細で可愛らしい大輪の八重ザクラ。
花びらは35~50枚で、先端に細かいギザギザがあります。
2、3枚のめしべが小さな葉に変化するのも特徴です。
その歴史は古く、平安時代にはすでに品種として成立していたとか。

塩釜桜1ブログ

ブログ塩釜桜2

現在境内にある約60本の鹽竈ザクラのうち、27本が天然記念物に指定されています。開花時期は例年ソメイヨシノより10日ほど遅く、4月下旬から5月初旬です。

塩釜桜3ブログ

歴史ある神社を、さらに高貴に彩っているようです。

塩釜桜4ブログ

塩釜桜5ブログ

鹽竈ザクラを図案化した神社の社紋です。
鹽竈神社では5月10日を「鹽竈ザクラの日」と定め、桜の生長を願う祈願祭を実施します。

《おまけ》

塩釜桜6ブログ

鹽竈神社境内でハトに夢中になる、ウン十年前の(お)。

◉陸奥国一宮 塩釜神社  http://www.shiogamajinja.jp/

(お)
関連記事
コメント
非公開コメント