「七ヶ浜 復興グルメF-1大会」に行ってきた。 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 七ヶ浜 » 「七ヶ浜 復興グルメF-1大会」に行ってきた。

「七ヶ浜 復興グルメF-1大会」に行ってきた。

桜

まだまだ風は「春本番」とはいきませんが、桜はごらんのような状態の日曜日、
先週、ブログでご紹介した「復興グルメ F-1大会」に行ってきました。

今回は「七ヶ浜」という仙台市の近郊で開催されることから混雑が予想されたので、
早めに家を出ましたが、着いたのは11:00。
そしたら会場はすでにこんな状態になっていました。
※主催者発表によると今回は6000人の来場者があったそうです。

開催地全景

「こりゃあ、お目当ての復興グルメにはありつけねーぞ」と思いつつ、
いつもお世話になっている気仙沼の屋台に。それでも、こんな感じの大行列でした。

大渋滞の図

ようやく屋台が目の前に現れると、その近くでは、あの「ほやボーヤ」が、
幼い子供相手に気仙沼の新たな復興メニュー「めかライスバーガー」を猛アピール中。

_DSC4839.jpg

で、ありついたのがコチラ。あの「ハーモニカ煮」でもおなじみの「メカジキ」を
しょうゆををかけたライスではさんだひと品です。めかじきの肉そのものが、
しっかりした食感があるので、これはなかなかの味わい。中にはさんだシソの葉が、
メカジキの濃厚な味わいをほどよいものにしてくれます。
いっしょについてきたわかめスープのさっぱりした味わいが見事にベストマッチです。

2メカライス

次にトライしたのが南相馬市から出品された「ポンジリ焼きうどん」。
うどんはモヤシやタマネギ、ニラで炒めたもので、そこに焼き鳥風味のポンジリを
混ぜて食べるというもの。このポンジリが適度に脂が乗ってる割にはあっさりした味なのです。

焼きうどん

どこの屋台も大盛況で、お昼くらいには、すでにこんな貼り紙を出す屋台も…

早々に売り切れ

屋台の主は「高田のゆめまん」を提供していた「高田大隅つどいの丘商店街」。
前回同様、今回も400食を用意したそうですが、あまりにハイペースで売れていくので、
こういう事態になっちゃったとのこと。屋台で扱う食べ物の数量は、前回の大会を参考にして
割り出すそうですが、場所や天気も影響するし、余っても商店街に持ち帰って出すことが
できないので、毎回、非常に悩むんだとか。
とにかく今回は予想外の結果でした。とのこと。
※下が今回の「高田大隅つどいの丘商店街」のスタッフの面々。

高田の面々

次に訪れたのは今回の主催地である七ヶ浜「七の市商店街」の屋台。
こちらで出したのが「海鮮あんかけ七宝汁」で、地元の海の幸がどっさり入ったもの。
磯の風味がいっぱいの味です。

七ヶ浜の屋台

こちらは残念ながらありつけなかった南相馬市の「侍はらこめし」。
これで300円って、ちょっとゼイタクすぎる…。

はらこめし

そして最後にトライしたのが「南三陸さんさん商店街」の「南三陸さんさんタコカレー」。
タコをフライにしてカレーがけしたものですが、程よい甘さと柔らかさのタコが
ストレートな辛さのカレールウとベストマッチングなのです。

南三陸屋台

タコカレー

さて当日の会場は、午後から声優の山寺宏一さんとミュージシャンの小柴太造さんのコンサート。
山寺さんがいろーんなモノマネで会場を沸かせてくれました。見よ、この大観衆。

大群衆の図2

さて午後3時には今回の投票結果が発表され、栄冠は「七ヶ浜町七の市商店街」考案の
「海鮮あんかけ七宝汁」に決定!

そのほかにも様々な賞が贈られましたが、詳細はこちら↓をご覧ください。

https://ja-jp.facebook.com/fukkogourmet

次回の開催地はまだ未定ですが、関係者の間では、
「また宮城県内の沿岸部のどっかでやりたいねえ」という話も
ちらほら出ているようです。


関連記事
コメント
非公開コメント