あの日を忘れない為に・・ 「震災伝承コーナー」 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 石巻 » あの日を忘れない為に・・ 「震災伝承コーナー」

あの日を忘れない為に・・ 「震災伝承コーナー」

石巻市にある道の駅「上品の郷」の一角に、「震災伝承コーナー」があります。

国土交通省 東北地方整備局が、
東日本大震災の被災状況や経験、教訓を後世に伝えていく為、
岩手、福島、宮城の3県4カ所の道の駅などに設置したものです。

震災伝承コーナー06

過去に東北を襲った津波や、
東日本大震災の地震や津波の特徴、震災当時の被災状況、
震災後の復旧活動などを記録したパネルを展示しています。 

震災伝承コーナー07

コーナー床面には、沿岸部の被災前後の衛星写真が貼り付けしてあり、
状況を比較して見る事が出来ます。
津波の様子や避難について収められた映像も放映しています。 



実際に被災した物も展示されています。

震災伝承コーナー08

津波により損傷した案内標識。
南三陸町で回収されたものです。

震災伝承コーナー09

こちらは津波で被災した、
宮城県山元町の「中浜小学校」で使用されていた時計です。
あの日、あの時間で、時が止まったまま。


震災伝承コーナー04

屋外の展示スペースにある被災物。
宮城県気仙沼市の道の駅「大谷海岸」への案内標識です。
頑丈な看板の歪み曲がった姿に、恐ろしさを覚えました。

震災伝承コーナー02

こちらは道路パトロールカー。
気仙沼国道維持出張所配備で、道路管理に使用されていた車輌です。
出張所は津波に呑まれ、こちらの車輌も500mほど押し流されたそうです。


震災伝承コーナー03

原型をとどめない窓ガラスが散乱する車内は、
自然の驚異を教えてくれると共に、
震災を風化させず、防災意識を持ち続ける事の大切さを、
私たちに伝えてくれています。



「震災伝承コーナー」に関する詳しい内容は下記をご覧下さい。
  ・東北地方整備局 石巻国道維持出張所 震災伝承コーナー設置
  ・上品の郷 震災伝承コーナー概要

(N)
関連記事
コメント
非公開コメント