輪王寺にて - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 仙台 » 輪王寺にて

輪王寺にて

今回はちょっと渋いお話でもしてみます。
マニアックすぎるところは、どうかご勘弁を。

仙台市中心部から、ほんのちょっと離れたトコロに、
北山という場所があります。この一帯は
数多くのお寺がある、仙台有数の「寺町」ですが、
その中でも、ひと際、規模が大きいのが
「曹洞宗金剛寶山 輪王寺」という古刹です。

2本堂

創建は、嘉吉元年(1441年 つまり室町時代)。
現在の福島県梁川で当時の伊達家の当主によるもので、
慶長7年(1602年)に、伊達政宗とともに仙台に移って
現在の地に落ち着き、現在に至ります。

寺域を巡ってみると、かなり古い墓石があります。
建立された年号に目をやると、「元禄」とか「延享」といった
江戸時代の年号が…、ここが歴史的にも由緒あるお寺である証です。

墓1 墓2

伊達家ゆかりの古刹ということもあって、
政宗正室愛姫のお母さんや政宗の八男のお墓などもあります。

1案内

伊達家だけではなく、歴史上の人物も、この地で永眠しています。
赤痢菌を発見した志賀潔(1957没)、
大河ドラマ「八重の桜」でおなじみの白虎隊唯一の生存者、飯沼貞雄(1931没)
昭和期の陸軍大将の今村均(1968没)です。

今村1 今村2

実は私がこのお寺に興味を持ったのは、この今村均という軍人について知ったからです。
昭和期の陸軍軍人なのですが、あの太平洋戦争で、敵国の連合国や
さらに占領した国の人々から、「名将」「温厚・高潔な人物」と評されている人物で、
その割に認知度は、地元の仙台も含め、あまり高くないような気がしたからです
(やはり仙台出身で海軍大将だった井上成美には様々な伝記があるのですが)。
こういった素晴らしい仙台出身の先人がいたことを誇りに思います。

さて、お墓の話もコレくらいで終わりにしましょう。

ちなみに輪王寺内に設けられている回遊式庭園から眺める周囲の風景は、
「え? ちょっと京都っぽくない?」という感じの風情と情緒があってなかなかの光景ですよ。

4庭園1

25庭園

◆曹洞宗金剛寶山 輪王寺
・住所/仙台市青葉区北山1‐14‐1
・連絡先/022-234-5327
・交通/仙台駅より、市営バス「中山ニュータウン行」、「北山廻り子平町行」で25分、「輪王寺前」下車。
仙台駅よりタクシーで15分。
関連記事
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-08-28 12:03 │ from URL