新しい「仕事のカタチ」を気仙沼に。 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 気仙沼 » 新しい「仕事のカタチ」を気仙沼に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい「仕事のカタチ」を気仙沼に。

復興商店街紫市場のcadocco劇場の隣に、何やら新しいお店ができていました。

店舗外観1

店舗外観2

ここ「気仙沼工房 藍」は、
気仙沼の仮設住宅で暮らすむ女性の自立支援と、
ここを訪れる観光客の方が藍染め体験などを楽しめるためにと、
仙台に本社がある企画会社とNPOが協力して立ち上げた
「伊達女(だてのくのいち)プロジェクト」の一つとして立ち上げられたお店です。

きっかけとなったのは、昨年、大分県からこのプロジェクトに、
被災地支援の一環として大量のさらし木綿が贈られてきたことで、
その活用方法を考えた末、この「藍染め製品づくりによる被災地支援」に
行き着いたそうです。

藍染めの技術や指導は、首都圏在住の藍染め作家の方に依頼。
その結果、独特の淡い色合いの手ぬぐいをはじめ、様々な製品が生まれました。

その9

その4

この団体は気仙沼以外にも石巻の雄勝地区でも
「雄勝石復興プロジェクト」といった支援をはじめ、
様々な被災地の支援を手がけており、そこで生まれた製品の数々も販売しています。

その7

その8


藍染めの体験工房も、このお店でできるようにしたいそうですが、
まだ資材や設備が準備中で、夏休み前までの完成を予定とのことです。

関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。