石巻 憩いの食堂 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 石巻 » 石巻 憩いの食堂

石巻 憩いの食堂

思いおこせば昨年の石巻川開き祭り
石巻に住む友人が一軒の店の前で
「ここの店は美味しいよ。今日は時間ないけど今度ご馳走すっがら」と言ってくれました。
でも見た目は普通のお魚屋さん
「ご馳走すっがらってお魚屋さんだよなぁ…。」
「震災後頑張って早くに店開けてくれたんだ。うれしかった。」
という友人の言葉がなんとなく心に残ったのでした。

それから石巻にご縁がありお仕事で行くようになったのですが、
今やそのお店は私にとって欠かせない"憩いの食堂"となっています。

ところで、お店の名前は「プロショップまるか」。

IshinomakiMaruka

プロショップ?とは…?やはり見た目ふつうにお魚屋さんですよね

IshinomakiMaruka

金華山沖の漁場から石巻港で水揚げされる「金華ブランド」の魚もたくさん

IshinomakiMaruka

金華毛ガニもあるぞぉ

でもなぜ町場のお魚屋さんが食堂を?
もともと震災前は自社店舗での販売の他に
料亭や食堂などいわゆるプロに鮮魚を卸していらっしゃったのですが
店舗にも一階の天井近くまで津波が来て
更に多くの取引先も被災し営業ができなくなってしまった…
そこでその取引先などのお店が集まり「まるか」の敷地内で「石巻名店街」として
昨年5月、一緒に再開をされたのだそう

しかも石巻では誰もが知る美味しいお店ばかり

寶来寿し
割烹 滝川
中国料理 楼蘭
すき焼き 石川


フードコート式になっていてそれぞれのお店で注文します。
お会計は一か所で、パックのお惣菜などはそこに持ってきてお会計です。

DSC_6916_convert_20120408142119_20120408142942.jpg

なるほど、まだ開いているお店が少ない中、友達がうれしかったと言っていたのはこういうことかぁ。
「プロショップ」という店名の疑問も解決!
5月といえばボランティアの皆さんがたくさん石巻に入っていた頃。
いち早く再開をはたしたお店には地元の皆さんに交じってボランティアの皆さんもたくさん訪れたのだそうです。

IshinomakiMaruka

↑働き者の「まるか」のおかみさん
こちらの皆さんはとても気さくです

今でも町の人たちはもちろん、ボランティア、研修などで
石巻に訪れる人々が噂を聞きつけてやってくる。
そんな中、私も腹ペコのお腹を満たすため、
そして気さくで優しいお店の皆さんに会うために寄っていくのです。まさに"憩いの食堂"だなぁ

IshinomakiMaruka

昼の刺身定食¥630同じく石巻担当U氏の頼んだ白魚の天ぷらと魚の煮つけ(魚の名前は失念)。
豪華でしょう?
刺身定食…というか焼き魚や牡蠣のしぐれ煮なども入っていたり!
サービスで金華毛ガニ汁もつくとは
一般的には¥1000を越えてしまうと思われます。

IshinomakiMaruka

内陸育ちの私には初めて見る海藻「まつも」などの食材や
「茎ワカメの味噌漬け」など、知らなかった保存・調理方法の惣菜などもあります。

何よりここに来れば各店の和洋中の美味しいものが見つかります。
頼もしいお店ですよぉ~。

もちろん!石巻は、宮城は、こちらだけではなく美味しいお店がたくさんあります
食材の宝庫
特に沿岸部は新鮮な魚介類が豊富ですので
ぜひ皆様もいらして宮城の食文化を堪能していって下さいね。
今後はこういった美味しいお店情報もアップしていきますよ

「プロショップまるか&石巻名店街」
宮城県石巻市中央1-11-7
定休日  日曜・祝日
営業時間 9:00~18:00
http://www.ishinomaki-maruka.com/
席数は30席、駐車場は7台程

(しうらむ)



関連記事
コメント
非公開コメント