お菓子の家でみんなを笑顔に! - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 南三陸 » お菓子の家でみんなを笑顔に!

お菓子の家でみんなを笑顔に!

グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」。
この物語に登場する甘くておいしい「お菓子の家」を食べてみたい!と夢見たことがある方も多いのではないでしょうか?私もその一人です^^

ある日、南三陸町は戸倉地区にある「オーイング菓子工房Ryo」のパティシエ長嶋さんのもとに、登米市観光物産協会から「南三陸町の皆さんにクリスマスプレゼントをしたい。町内にあるお菓子屋さんがお菓子を作って届けてほしい。」との相談がありました。

長嶋さんはしばし考えました。
“ありがたいお申し出に感謝したい。そして、町の人に日頃お世話になっている思いを伝えたい。でも、自分はただお菓子を作って配るだけでいいのだろうか?その時だけのものとなってしまうのではないだろうか?
お菓子を通して町の人たちが日々の暮らしの中で笑顔でいられる時間を増やせるなら…。
お菓子の家を作って届けてみるのはどうか!”

DSC_0009_convert_20121224010706.jpg

そうしてお菓子の家が作られ届けられたのは、保育所など町内10か所と仮設住宅があり町の人たちが多く住む登米市内の1か所。

11個ものお菓子の家を作るのは容易ではなかったはずですが、登米市観光物産協会の方々からも助けて頂いたとのこと。

「届けに行ったスタッフから『子ども達から“わぁーっ!!”と歓声が上がった』と知らせを受けた。クリスマスまでは飾って、当日になったら皆で食べられるから。」と話される長嶋さんの姿に町の皆さんに対する思いを感じました。

今日はクリスマスイブ。
甘いお菓子の家、そろそろ皆さんで食べられているのでしょうか?

登米市観光物産協会の皆様から贈られた長嶋さんのお菓子の家の一つは、さんさん商店街にある南三陸町観光協会「みなみな屋」にクリスマスまで展示してあります

“We wish you a Merry Christmas !!!”


(しうらむ)












関連記事
コメント
非公開コメント