ワタノハスマイル 子供たちの瓦礫オブジェ - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 石巻 » ワタノハスマイル 子供たちの瓦礫オブジェ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタノハスマイル 子供たちの瓦礫オブジェ

震災発生後、避難所となった石巻市の渡波小学校。
小学校に流れ着いた瓦礫を使い、子供たちが楽しいオブジェを作りました。
そして、そのオブジェはワタノハスマイルとして日本各地のギャラリーを巡回、今年春にはイタリアへも渡り、現在仙台での展示が行われています。

DSC_2442_convert_20121025181214.jpg

始まりは昨年4月、造形作家犬飼ともさんが、支援に入った渡波小学校で子供たちに瓦礫を使ってオブジェを作ることを提案したことから。

当時町は言葉を失ってしまうような光景ばかり。そのようななか、初めて小学校に入ったときに、瓦礫から遊び道具を探し出し遊んでいる力強い子供たちの姿が目に飛び込んできたと言います。

今回展示をしているのは、そんな子供たちの、明るさやたくましさがあふれた作品。
そして、ひとつひとつにそれぞれの優しい気持ちがつまっているかのように、思わずクスっと笑ってしまったり、ほっこりとした気持ちにさせられるネーミングとキャラクター紹介が添えられています。

DSC_2440_convert_20121025181614.jpg

DSC_2436_convert_20121025181800.jpg

DSC_2438_convert_20121025181930.jpg

今後も、瓦礫に対する見方が変わってほしい、震災を風化させたくない、そのような気持ちに成長をしていった子供たちの思いをのせて、各地での展示や地元、石巻での常設展示をしていきたいとのことです。

展示は今週末が最後。
金土日、午前10時半~午後7時。
金港堂本店、都築響一さんの展覧会の中で展示しています。
ぜひ足をおはこび下さい。


大きな地図で見る


(しうらむ)


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。