気仙沼グルメリポート 「唐や」のランチ - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 気仙沼 » 気仙沼グルメリポート 「唐や」のランチ

気仙沼グルメリポート 「唐や」のランチ

気仙沼で地域情報を収集していると、どーしてもお昼にはお腹が空くわけです。で、昨年の10月くらいを思い出してみると、チェーン店の牛丼やコンビニのお弁当ばかり食べてたような気がする。というのも、市内のがれき処理が終わっていない、食材がなかなか手に入らないということで、ちゃんとしたランチが食べられるお店が、ものすごく限られていたからです。
が、が、最近では市内のあちこちに復興屋台村や復興商店街ができたおかげで、「今日のお昼は、どこにしようか」と迷う今日この頃。
そんな中で必ず候補に上がるのが、「唐や」さんのランチです。で、写真がこちら。

唐やのランチ


この日のメニューは、お刺身(たぶんマグロ)、白身魚のフライ、ハンバーグ、茶碗蒸し、マカロニサラダ、きゅうりの漬物、お味噌汁、ご飯(おかわりできます)。さらに食後のコーヒーまでついてます。お刺身は見た目よりも量がたっぷりあるし、お味噌汁もいい出汁が出てる。フライについてるソースもお店のオリジナルソースなのか、ちょっとスパイシーな味わいに仕上がってます。さて気になるお値段は、これで1000円! ちょっとゼイタクな気もするけれど、このボリュームなら、十分納得できるお値段といえるでしょう。
だからでしょうか、ランチどきはいつも店内は満員で、中には予約を入れて来店する方も多いよう。それだけ地元でも大人気のお店なんですね。

このお店を知ったのは、昨年の12月頃、ネットで「気仙沼産の魚を美味しく食べさせてくれるお店」ということで伺ったのですが、その時、出されたのはトンカツのランチ。お店のご主人に理由を尋ねると、お店は大丈夫だったものの、魚市場周辺の冷蔵庫が被災してしまい、新鮮な魚介類が手に入らないので、止むなくそのような料理を出さざるを得なかった、とのこと。

それが今では、これだけの料理をお昼から堪能できるようになったのは、気仙沼が順調に復興している証なのかもしれません。ランチでこれだけのクオリティなら、ぜひ今度はお酒を飲みながら、ここの料理を心ゆくまで楽しみたいものです。

(気仙沼担当:ほや丸)
関連記事
コメント
非公開コメント