日和アートセンター - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 石巻 » 日和アートセンター

日和アートセンター

震災以降、被災地の中と外をつないで継続した支援を行おう、といった動きが各方面で広がっています。
「日和アートセンター」は、石巻と横浜をつなぐ文化芸術の交流拠点として、今年3月、石巻の中心部に開設されました。

artcentre

横浜の京急黄金町駅周辺で、アートによるまちづくりに携わっている方々などが、文化的な面から復興へ向けて何かアプローチができないかとはじまっ た活動です。
そして住民 との交流のなかから、これからの石巻を考える場所にしたいと、ふらりと立ち寄れる小さなスペースができあがりました。

artcentre

artcentre

特徴は、アーティストが展示中に石巻に滞在しながら創作ができるアートインレジデンス。
国内外のアーティストを石巻へ招く取り組みで、センターの、一階が展示スペース、二階が生活スペースとなっています。

artcentre

展示期間中は創作の過程を公開したり、周辺の住民の方との交流をもったり。
外からその土地に住んだからこそ感じられる気づきは、その土地の人にとっても新たな気づきとなるかもしれない。
私が訪れた時は、地元の方々がゆったりと作品を見つめていたり、にこやかに会話をする姿が印象的でした。

震災後一年半、人の心の動きが日々変化するなかで、
アートはいつ、どこで、誰を救えるかわからない…けど確実に、どこかにいる誰かの心を動かしているのだと思います。

現在展示をされているのは、大阪府出身の水川千春さん。
各地を移動しながら「あぶりだし絵」を制作し発表しています。
今回、石巻の様々な場所から採取した水を使って、石巻で出会った風景をテーマに制作します。
その場所での滞在を終えて移動する時に、その場所での意味を最も強く感じられる、とのこと。
ボランティアで訪れた石巻に、今回はアーティストとして滞在します。

DSC_1437_convert_20120903074744.jpg

DSC_1436_convert_20120903074706.jpg

石巻にある山の名前をつけた白く小さな空間では、これからも様々な取り組みが計画されています。
そして、日々心の中のどこかにふれるものを発信する空間として石巻のまちで息づいています。

artcentre

水川千春 in 石巻

~9月23日(日)
11:00~19:00
休館日:水・木曜日

あぶりだしワークショップ開催!
9月17日(月・祝)15:00~17:00


水川さんと一緒に「あぶりだし絵」を体験できます
※参加費は300円(お茶つき) 
予約は要りません。 途中参加もできます。

日和アートセンター


大きな地図で見る

(しうらむ)

関連記事
コメント
非公開コメント