U-20女子NZ代表チームが閖上を訪問 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 名取 » U-20女子NZ代表チームが閖上を訪問

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-20女子NZ代表チームが閖上を訪問

19日に始まった「FIFA U-20女子ワールドカップジャパン2012」のニュージーランド代表チームが、名取市の閖上中学校と寄合所「閖上の記憶」を訪れました。

U-20ニュージーランド代表1
選手ら30人 は、「閖上の記憶」でNPO法人「地球のステージ」林看護師の解説のもと、震災の映像や子どもたちが作った造形作品を見学。閖上中学校前の慰霊碑も参拝し、津波で命を落とした方々のことや残されたご遺族の思いを聞きました。
U-20ニュージーランド代表3
U-20ニュージーランド代表4
U-20ニュージーランド代表8

U-20ニュージーランド代表6

キャプテンのロジー・ホワイト選手が代表で献花し、続いて選手一人ひとりが折り鶴をたむけました。
チームは日本で事前キャンプを行っており、折り鶴は15日に平塚市で文化交流をした際に作り方を教わったとのこと。

ホワイト選手は、「自分の目で見ても、とても信じられない光景で驚きを隠せないが、実際に被災地を訪れることができて、追悼の気持ちを伝えることができた」と語りました。

22日、宮城スタジアムで「ヤングなでしこ」と対戦した同チームは、23日まで仙台に滞在しました。
(お)
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。