閖上の盆火 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 名取 » 閖上の盆火

閖上の盆火

名取市閖上(ゆりあげ)地区で古くから続いてきた、
お盆の迎え火「盆火(ぼんび)」。

家の前でまきを焚き、柳の枝に串刺しにした3個のまんじゅうをあぶって食べるそうです。

市の復興計画によると、閖上地区は土地をかさ上げして換地されるため、
自宅跡でお盆を迎えるのは今年が最後になる見込みです。


そのような中、閖上で伝統の盆火を復活させようと声があがり、
12日夕方から夜にかけて自宅跡で火を灯し、
先祖や震災で犠牲になった親族の霊を迎える方々の姿が見られました。



あらためて震災で犠牲になられた方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。


閖上盆火


(お)

関連記事
コメント
非公開コメント