元気キャラバン閖上 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 名取 » 元気キャラバン閖上

元気キャラバン閖上

宮城県美術館が主催する、震災の復興と犠牲者の鎮魂を祈るアートプロジェクト「元気キャラバン閖上(ゆりあげ)」
兵庫県の造形作家・新宮晋氏が中心になり、名取市閖上地区にたくさんのアート作品を展示しています。

元気キャラバン閖上1
元気キャラバン閖上2
元気キャラバン閖上3
元気キャラバン閖上4

披露されているのは、自然の力「風」をテーマにした色とりどりの『元気のぼり』と『ウインドキャラバン作品群』。閖上漁港・かまぼこ佐々直の工場・貞山堀・閖上小学校を華やかに飾り、訪れる人に元気と希望を与えてくれます。
カラフルな復興メッセージが描かれた『元気のぼり』は、新宮氏の呼びかけに応じて国内はもとよりドイツやアラスカなどから送られたもので、総数は120本にのぼります。『ウインドキャラバン作品群』21基は、氏が世界6カ所で展開してきたアートプロジェクト。赤、黄、緑を配色し、漁村を励ます大漁旗をイメージしたそうです。
11日(土)には閖上漁港周辺でイベントやセレモニーを実施。14:46に黙祷をした後、参加者が日和山にメッセージ入りの風車を飾り、山の斜面に大きな「元気」の文字を作りました。

元気キャラバン閖上5

一面にイラストやメッセージが描かれたのぼりは、華やかで力強く、海風に回る風車の花は、美しく爽やかです。風を目で感じられるウインドキャラバンは、被災地をこえて海の向こうの地にまで、想像を巡らせてくれます。
展示は今月19日(日)の朝まで。アートで取り組む鎮魂と復興の形を、みなさんもぜひ体感しましょう。
アクセスなど詳細は宮城県美術館のページをご覧ください。
(お)
関連記事
コメント
非公開コメント