マンガの衝撃 - みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » スポンサー広告 » 全般 » マンガの衝撃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガの衝撃

先週末は大船渡の長安寺へ。

choanji.jpg

井上雄彦さんの 屏風『親鸞』 を見てきました。 いやーすごい。噂に聞いてた以上のド迫力。
つい2~3日前に加筆されて完成した屏風を、作業が行われたその場所で見れる幸せ...。

本堂には、近所のじいちゃんばあちゃんに混ざって、ヤングなカップルや青少年グループが多数。
しばらくすると、はるばる静岡(!)から大型バスでいらした団体さんまで。
広めの駐車場はしばらく満車。お寺の方に伺ったら、やはり過去に例のない光景なのだそうです。
んー恐るべき集客力。 もっとずっと飾ってて欲しかったなぁ。


帰りに近所の本屋に寄ったら、
なんとあの芸術新潮が、宮城が誇る巨匠・大友克洋先生(登米市迫町出身)特集!

otomokatsuhiro.jpg

ロングインタヴューも、描きおろしの短篇も、アトリエ+スタジオ訪問記もすごい。
震災を一つのきっかけに開催を決意なさったという 『大友克洋GENGA展』 絶対に観に行きます!


そして、最近個人的に気になってしょうがないマンガの第1位がこちら↓


I【アイ】 第1集 (IKKI COMIX)I【アイ】 第1集 (IKKI COMIX)
(2011/07/29)
いがらし みきお

商品詳細を見る


宮城県加美郡加美町出身で仙台市在住、いがらしみきおさんの作品。
こんなマンガ初めて読んだ!

このマンガの特異性をより際立たせているのが宮城の方言。
宮城県民、ヤバいほど引き込まれます。一巻読み終えたらすっかりディープに訛ります。
んだべ?

都会暮らしの皆さん、読んでみてください。

そして、

このコドバ、生で聞ぎたぐなったら、宮城さ遊びに来でけろ〜。

(F)

■ 追記
BRUTUS最新号も もちろん買いました。 大興奮!!
大友さんがアニメーション制作にはじめて関わったのって、同じく登米市出身である
石ノ森章太郎さんの『幻魔大戦』だったんですね。
ほかに思いつくところでは、そうそう、荒木飛呂彦さんも宮城県(仙台市)出身です。

関連記事
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。