みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 
♪みやぎ観光復興支援センターのブログへようこそ♪
我々スタッフは日々県内沿岸部へ出向いて、常に新しい現地情報を集めています。
個人・団体関係なく、多くの方が宮城県に行きたくなる情報を発信中です!

(☆追記あり)おながわ秋刀魚収獲祭2016

秋の味覚といえば、脂がたっぷりのったサンマを思い浮かべる人も多いと思います。
青と銀にかがやく、刀剣のようにシャープなボディ。塩焼き、刺身、佃煮・・・いろんな楽しみ方がありますね。サンマには血液の流れを良くしたり、コレステロールを減らしたりする成分が含まれているので体にもいい。僕のような高血圧にはピッタリの食材です。

今週末25日(日)、全国有数のサンマの水揚げを誇る女川町で「秋刀魚収獲祭」が開かれます(女川魚市場買受人協同組合主催)。サンマ炭火焼き5,000尾・すり身汁4,000杯の無料配布をはじめ、たくさんの出店やステージで皆さんをおもてなしする、食べる・見る・買う・参加する・美味しい・楽しい、サンマづくしのイベントです。

poster.gif

また、当日は会場内の女川町まちなか交流館で献血を受け付けます。女川ライオンズクラブの協力で、献血に協力した全員にサンマ10尾のプレゼントもあるそうですよ。

楽しみながら復興を応援して、新しい女川が進む「千年に一度の町づくり」をぜひ体感してくださいね。

◆日時 9月25日(日)9:00~16:00
◆会場 女川駅前商業エリア

【ご注意】
女川駅前の無料駐車場は、このイベントのため23日(金)夜から25日(日)18:00までの間、一般車両の駐車ができません。女川町魚市場周辺と女川町地域医療センター周辺をご利用下さい。

おながわ秋刀魚収獲祭2016ウェブサイト ☞ http://onagawa-town.com/sanma/

(お)

⇒ 続きを読む (☆追記あり)おながわ秋刀魚収獲祭2016

花緑復興支援プロジェクト「花譜(はなふ)」ボランティア募集

東日本大震災で被災した地域を歩いていると、津波で様々なものが流され、変わり果ててしまった町並みが広がっている中、(こんなところに桜がぽつんと1本咲いてるんだ・・・)とか、(こんなコンクリートのすき間からでも、タンポポって咲くんだなぁ)とか感じることがあります。

脅威、力強さ、癒し。自然は様々なこと感じさせてくれます。



花と緑による復興支援プロジェクトである「花譜(はなふ)」の名前は、‘‘Harmony with Nature for the Future’’から命名されました。
未来へ向けて自然と人々の暮らしが調和し、心地よいリズムを奏でて欲しいとの願いから名付けられています。

震災のあった2011年の秋、宮城県の川崎町にある国営公園「国営みちのく杜の湖畔公園」で、スイセンの球根を植えたことからこのプロジェクトは始まりました。スイセンはボランティアの方々などにより、「希望の象徴」としてフェニックスの形に植えられました。

以降毎年秋に公園で掘りあげられた球根は、フェニックスが飛んでいくかのように石巻市や東松島市などへ届けられ、様々な被災地域に花のある風景が創られてきました。


6回目となる今年は、石巻市の南浜地区にある復興祈念公園(2021年完成予定)の予定地へ球根を届けます。
被災した方々の心を励まし元気づけるプロジェクトへの、皆様のご参加をお待ちしております。

たくさんのボランティアの方々が、心を込めて植えて下さった花々がつくる「復興の花風景」が、春には東北の方々の心を癒してくれることでしょう^^




花緑復興支援プロジェクト「花譜(はなふ)」ボランティア募集


実施日 平成28年11月5日(土)、6日(日)
実施場所、内容
11/5(土) 宮城県柴田郡川崎町「国営みちのく杜の湖畔公園」でのスイセンの球根堀上げ
11/6(日) 宮城県石巻市「石巻南浜津波復興祈念公園」予定地でのスイセンの植栽(約10,000球の植え付けを予定)
募集人数 200名程度
お申し込み 平成28年10月25日(火)までに「みちのく公園管理センター」へ申込書郵送またはFAX送付
お問い合わせ みちのく公園管理センター TEL:0224-84-5991 FAX:0224-84-5992


TIFF 募集要項申込書


冬の寒い時期から春にかけて、様々な種類の花が咲くスイセンは別名「雪中花」とも言われています。
厳しい冬の雪の中で春の訪れを告げるスイセンの花がたくさん咲いて、フェニックス同様、「希望」をもたらしてくれるといいな

(N)

「ツール・ド・東北2016」開催!

宮城県東部地方振興事務所様からイベント情報をいただきました!
(宮城県東部地方振興事務所HP)



順位やタイムを競わず,楽しく走ることを目的としたファンライド形式で行われるサイクリングイベント「ツール・ド・東北」は,今年で4年目を迎え,全国から集まる約3,700人のライダーが,宮城県三陸海岸の石巻市・女川町・南三陸町・気仙沼市の2市2町を走ります
スタート・ゴール地点の石巻専修大学ではイベントも充実!食べることで生産者の方々を応援する「応“縁”飯」ブースでは,県内外のお店による創作丼コンテスト「ツール・丼・東北グランプリ」を同時開催します
また,子供自転車教室やポケモンとのふれあいなど,お子さま向けの楽しい企画も用意されています。
ライダーへ声援を送りながら,新しい東北の魅力を一緒に発見してみてはいかがでしょうか

◆開催日/平成28年9月17日(土)~18日(日)
◆イベント会場/石巻専修大学
◆イベント開催時間/9月17日(土)  10:00~19:00
              9月18日(日)  10:00~17:30
◆入場料/無料
◆お問い合わせ先/河北新報企画事業部 TEL : 022-211-1332
◆関連リンク/大会ホームページ 
 http://tourdetohoku.yahoo.co.jp/2016/event/venue/

tour2015.jpg

名取ジャズフェス & うまいもん名取

一説にジャズの誕生は、愛する故人を弔(とむら)い、自身の未来への活力をつくり出すことがきっかけだったといわれています。
音楽の力で名取の復興を後押しする「名取ジャズフェス」。
ことしは9月18日(日)に市内の海・山・街の3会場で開催します。

海サイド in ゆりあげ港朝市 メイプル館前 8:30開演 雨天決行
山サイド in ゆりが丘公民館 13:00開演 雨天決行
街サイド in 増田防災広場(旧増田公民館跡地) 16:00開演 雨天中止

2016名取ジャズフェス
ジャズを名取の新しい呼びものにするため、みんなで盛り上げましょう♪

―― そして同じ日に、名取でもうひとつイベントが。

「うまいもん名取2016 in 仙台国際空港」。
笹かまぼこの振る舞いや、赤貝丼、スイーツ、地酒などの販売をする、毎年好評の観光物産展です。北海道往復ペア航空券をはじめ、豪華賞品が当たる抽選会もあります。屋上展望デッキで航空機の離着陸を眺めながら楽しむ「そらカフェ」もぜひ!

うまいもん名取2016
18日(日)・19日(月祝)の両日、仙台国際空港にて開催。

両イベントの詳細につきましては、名取市観光物産協会のウェブサイトをご覧ください。
名取市観光物産協会http://kankou.natori.miyagi.jp/

(お)

台湾訪日教育旅行の取り組みを紹介

台湾から教育旅行を受け入れている地域の状況を紹介する「台湾訪日教育旅行受入促進説明会」が、8日に仙台市内で開かれました(主催:みやぎ教育旅行等コーディネート支援センター)。
市・町の観光担当課や観光協会、地方振興事務所、民間施設などの担当者約30人が参加。宮城県が進める訪日旅行への取り組みや南三陸町の民泊事例を聞き、意見交換会を通して地域の連携を強めました。

台湾訪日教育旅行受入促進説明会blog

(お)