みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ

みやぎ観光復興支援センター スタッフブログ ホーム » 
♪みやぎ観光復興支援センターのブログへようこそ♪
我々スタッフは日々県内沿岸部へ出向いて、常に新しい現地情報を集めています。
個人・団体関係なく、多くの方が宮城県に行きたくなる情報を発信中です!

閖上さいかい市場5周年感謝祭

被災した名取市閖上の商店が、事業の再開と人との再会を願って集まった復興仮設商店街「閖上さいかい市場」。
2012年2月に市場が誕生してから、今月4日で5年になりました。

今月25日(土)、商店主のみなさんがこれまでの感謝の気持ちを込め、「5周年感謝祭」を開催します。
目玉は名取の特産品をワンプレートにした『めしませ、なとり』セット(600円)。閖上産赤貝のにぎり一貫、かまぼこ1枚、せり鍋1杯、新酒または甘酒1杯に、2月26日から3月26日まで同市場で使える500円分の商品券が付いてきます。

600円のセットに500円券が付くってことは、プレートの4品はひとつ25円ってことでしょうか。・・・閖上の心意気を感じずにはいられない!

ほかにもティーナ・カリーナさんの昭和歌謡祭、マグロの解体ショー、炉端焼きやグルメ屋台、金券が当たるじゃんけん大会、こども縁日など、楽しめるイベントが盛りだくさんです。
市場各店舗で前売りチケットを販売中です。(当日チケットは9時30分より販売。引換は10時30分開始)

6年目も元気な閖上さいかい市場で楽しみましょう♪

閖上さいかい市場:名取市美田園7丁目1-1
名取市観光物産協会 ☞ http://www.kankou.natori.miyagi.jp/

(お)

仙台雪菜が入った濃厚とんこつラーメン 『仙台とんこつラーメン 一番堂』

冬の寒さの中、濃い緑色の葉をぎゅっと縮めて育つ「仙台雪菜」。
肉厚の葉にたっぷりの糖分を蓄え、甘さとほろ苦さをあわせ持つ仙台の伝統野菜です。

東日本大震災から5年ぶりに再開した仙台市農業園芸センターの敷地内に、仙台雪菜を使ったラーメン店「仙台とんこつラーメン 一番堂」があります。

  一番堂ラーメンblog

今が旬の仙台雪菜をトッピングした「仙台とんこつラーメン(醤油)」。濃厚なスープから顔を出す麺に、仙台雪菜をはじめチャーシュー、ウズラの卵、海苔、キクラゲ、メンマ、ネギが浮かびます。
モチモチした食感の麺にシャキシャキの雪菜、トロトロのチャーシューなど、具材どうしの仲がとても良く、それぞれの旨味もしっかり生きています。
さらに、ラーメンを注文した人は宮城県産のお米が食べ放題なのも高ポイント。僕はスープに浸した海苔でごはんをくるんで食べるのが好きです。

他にも塩、味噌、黒マー油味があり、オプションのトッピングもラインナップ多数。
にんにくチップや白ゴマなど卓上調味料も充実しているので、ぜひ試してみてくださいね。

仙台雪菜はカルシウムやビタミンAを豊富に含んでいるとのこと。現在同店では仙台の伝統野菜に親しんでもらうため、店内に特設紹介ブースを設けています。
地元野菜と宮城への愛情が込められた一杯を、この機会にぜひご賞味ください。明るいスタッフの皆さんが待っています。

仙台とんこつラーメン 一番堂 
仙台市若林区荒井字切新田13-1 (農業園芸センターみどりの杜 内)
Twitter ☞ https://twitter.com/ichibandou

(お)

「みやぎ Free Wi-Fi」がスタート

国内外から宮城を訪れる方々の利便性を高めるため、宮城県の公衆無線LANサービス「みやぎ Free Wi-Fi 」の提供が始まりました。
Wi-Fiが利用できる端末で、メールアドレスまたはSNSアカウントを登録すれば、だれでも無料で利用できます。

アクセスポイントは、宮城県庁(1・2・18階)、宮城県美術館、東北歴史博物館、宮城スタジアム、夢メッセみやぎ、JR仙台駅周辺と仙台市営地下鉄駅構内など38施設166カ所。
インターネット接続時は、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)に対応した県の情報サイトが表示される仕組みです。

今後どんどんアクセスポイントを増やして、宮城の魅力をより広く発信していきます(^O^)

みやぎFree Wi-Fiスタートblog
このステッカーが目印です。利用方法などは下記サイトをご参照ください。

みやぎ Free Wi-Fi ポータルサイト/Miyagi Free Wi-Fi portal site
A public wireless LAN service that can be used for free!
http://www.pref.miyagi.jp/site/wi-fi/

(お)

企画展『街からの伝言板 - 紡がれたことばたち -』

せんだい3.11メモリアル交流館で開催中の企画展「街からの伝言板-紡がれたことばたち-」を見ました。

街からの伝言板blog1

100人以上の市民から2年をかけて聞き取った東日本大震災当時の知恵や工夫、次に伝えたい教訓と思いをカルタで紹介しています。

街からの伝言板blog2

壁に掛けられたカルタは裏側が読み札になっているので、手に取って見てください。
被災当時一番欲しかったものや、日常品の意外な使い道、発想の転換など、いろんな立場で被災した方々のいろんな伝言が見られます。次の災害に備えるきっかけづくりに、ぜひ。
今月12日(日)までです。

せんだい3.11メモリアル交流館 ☞ http://sendai311-memorial.jp/

※2月7日追記:企画展は好評により2月26日(日)まで延長されることになりました。

(お)

千年希望の丘交流センター

交流センター外観blog

千年希望の丘交流センターは、防災学習や環境保全活動の拠点として、千年希望の丘相野釜公園のなかに整備されました。

東日本大震災の記憶を多くの人に伝えるため、被災状況や復興への取り組みを映像とパネルで紹介しています。

交流センター内観blog

丘や慰霊碑、周辺地域について、より深く知ることができます。ぜひお立ち寄りください。

オープンは9時から17時まで(季節により時間の変更あり。年末年始のみ休館)。
入館料は、交流スペース貸し切りの場合を除き無料です。
40人を超える団体の利用は、事前に交流センターへお問い合わせください。

千年希望の丘交流センター
  岩沼市下野郷字浜177番地
  TEL・FAX 0223-23-8577

(お)